免震構造採用のプレミアムレジデンス。

安心・安全を設計するというコンセプトのもと、
地震の揺れを軽減し、
被害を最小限にくい止める“免震構造”を採用。
地震から生命や財産を守るだけではなく、
大地震の後も住み続けられる、
都心の生活シェルターとしての住まいを目指しました。

免震ゴム

免震システムにブリヂストンの免震用積層ゴムを採用。

2種類の免震装置で、
すぐれた免震性能を発揮。
上下方向には非常に強い剛性と荷重支持能力を持ち、水平方向には柔らかいバネとして作用することで、地震の揺れを緩やかにする「積層ゴム支承」。すべり材によって地震の揺れを受け流す「弾性すべり支承」。2種類の免震装置を採用し、地震時の揺れを軽減します。

めんしんチャンネルめんしんチャンネル

60年以上の耐久性※1。トップメーカー※2として世界中で採用。

タイヤメーカーで知られるブリヂストンは、実は免震ゴムのトップメーカーでもあります。国内工場で最新の大型試験装置で研究を重ねられて開発された、耐久性に優れた特殊被覆の免震ゴムは、60年以上の耐久性を有し、国土交通省の認定を取得しています。
※1.保証期間とは異なります。※2.国内販売実績(ブリヂストン調べ) 出典:ブリヂストン「いま売れている免震マンションの秘密」

地震のエネルギーを
受け流し、
地盤の揺れを
軽減する免震構造。
地震時の損傷や倒壊を最小限に抑え、揺れによる一時被害だけでなく、火災や家財の損傷など二次的被害も抑えます。

今、売れている免震マンションの秘密今、売れている免震マンションの秘密

免震マンションの10年後のリセールバリューは、耐震マンションより優れている結果が出ています。資産価値の高い不動産を所有すると、銀行ローンで優遇されたり、運用時に賃料も高く設定できるなど有利です。また、震災被害時は、修繕費や建替え費、家財道具の損失、避難時の生活費など総合的な費用を抑えられます。
出典:ブリヂストン「いま売れている免震マンションの資産価値」
新築免震マンションを購入して入居2週間前の3月11日、地震が発生しました。しかし、物件は全く問題がなく、入居後に大きな余震を何度も経験しましたが、まるでワインがグラスでゆったり揺れる程度の感覚。その時、小学生の子供はずっと寝たままでした。免震マンションを選択して、将来の安心も買うことができました。
出典:ブリヂストン「いま売れている免震マンションの秘密」

※掲載の構造イメージイラストは略図につき、実際とは異なります。※掲載の概念図・イメージ写真は実際とは異なります。