セキュリティ&構造

image

最新機器と有人管理で高い安全性を確保。最新機器と有人管理で
高い安全性を確保。

「ラクセス」ハンズフリーキーシステム採用、先進のトリプルセキュリティ。

エレベーターセキュリティ

ラクセスキー
エントランスのオートロックの解錠は、キーをポケットやバッグに入れたまま受信機に近づくと解錠できます。
防犯カメラ
風除室、エレベーター内、共用部各所に防犯カメラを設置。24時間体制で監視録画。
※カメラは管理組合によるリース品となります。※カメラのタイプは変更する場合があります。
オートロックシステム
住戸内から映像と音声で来訪者を確認。録画・録音機能付きで、留守中の来訪者も確認できます。
ハンズフリー
カラーモニター付
インターホン
住戸内のインターホンは、通話ボタンを押すだけで受話器を持たなくても会話ができます。
コンシェルジュ・管理員による
有人セキュリティ
スタッフの目を配らせることで、不慮の出来事や不審者の侵入などに対して、発見次第、迅速に対処いたします。
※コンシェルジュ・管理員は管理規約に基づいた時間帯の通勤管理となります。
あらゆる被害を防ぐ
エレベーターパーキング
汚れの原因となる雨・風・黄砂などから愛車を守り、良いコンディションを保ちます。また、窃盗やいたずらなどの人的被害も防ぎます。

専有部の安全を高め、かけがえのない暮らしを守ります。

wiremo

CP

CP認定防犯玄関ドア
玄関ドアには、防犯性を高め厳しい基準をクリアしたCP認定ドアを採用しています。
CP認定(「防犯」CrimePrevention)とは、警察庁、国土交通省、経済産業省、建物部品関連団体によって設置された「官民合同会議」による性能試験をクリアし、防犯性が高いと認定された「防犯建物部品」です。
リバーシブルディンプルキー

玄関キーは複製が困難でピッキング対策にも有効なディンプルキーを採用。

鎌デッド錠

鎌状の錠がドアに食い込み、バールなどによる不正解錠を困難にします。

防犯サムターン

工具などを使った「サムターン回し」を困難にします。

カバー付ドアアイスコープ

カバーにより、外部からの覗き見や光漏れによる在宅確認を防ぎます。

ダブルロック
玄関ドアを2ヵ所で施錠。ピッキングなど不正侵入しにくい効果を発揮します。上部を施錠すると自動で下も閉まるので安心です。
中心軸吊金物
ドア内に開閉軸を吊るように収めた構造で、蝶番が隠れ防犯性を高めます。

ダブルクレセント
防犯対策として上下2ヶ所でサッシュをロックするダブルクレセントを採用しました。窓からの侵入を困難にします。
可動ルーバー面格子
共用廊下面の窓には角度調節も可能なルーバー面格子を採用。プライバシー性と防犯性を高めます。
防犯マグネットセンサー
セキュリティ警戒中に住戸のサッシュを開けられると、警報音が鳴り、警備会社へ自動通報します。
※FIX窓を除く、全開口部に設置。
24時間遠隔監視システム
セコム株式会社と提携する24時間監視体制のセキュリティシステム。火災など異常発生した場合、状況に応じて緊急対処員の駆けつけ、消防署・警察署への通報など適切な対応をします。

※掲載の写真は、分譲済みの物件を撮影したもの及びメーカー参考写真で、実際とは形状が異なる場合があります。※掲載の概念図・イメージ写真は実際とは異なります。※一部住戸は仕様が異なります。

暮らしの支えとなる安心の躯体構造。暮らしの支えとなる安心の躯体構造。

国土交通大臣
認定マンション
平成29年4月より強化された、建築基準法の厳しい審査に基づく免震性能や構造の安全性に関する性能評価を受け、国土交通省の大臣認定を取得しています。この認定対策は南海トラフ沿いで約100~150年の間隔で発生しているとされるM8~9クラスの地震を対象としています。
住宅性能表示

国が指定した第三者機関が、住宅の性能を客観的に評価する「設計住宅性能評価書」を取得しました。

外観完成予想図

場所打鋼管
コンクリート拡底杭
基礎部分には約63mの場所打鋼管コンクリート拡底杭を13本使用。地下の安定した地盤まで打ち込み、建物の荷重をしっかりと支えます。
コンクリート強度
高い耐力と変形性能を備える設計基準強度27~39N/m㎡を確保。1㎡あたり約2,700~3,900tもの圧力に耐える強度を誇ります。
水セメント比
耐久性向上のために水セメント比が50%以下のコンクリートを採用。数値が低いほど空気の隙間ができなくなり、密度が高くなります。
コンクリート
劣化対策等級3
コンクリートの厚さを示す「かぶり厚」は、建築基準法のレベル以上を実現。住宅性能表示制度における劣化対策等級の最高ランク3を取得しています。
ダブル配筋
建物の外壁部分は、鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋とすることで、充分な壁厚と高い耐久性を実現しています。
溶接閉鎖型帯筋
建物の構造体を支える柱には、継ぎ目がなく強度が均一な溶接閉鎖型帯筋を巻き付けることで、耐震性をさらに高めています。
外壁
約180mm厚の外壁が、騒音や冷気の侵入を抑えます。また、約25mmのノンフロン断熱材がより高い断熱性を確保します。
戸境壁
各住戸を仕切る戸境壁は、コンクリート厚約180mm+軸組ボード貼りを採用。生活騒音を伝わりにくくし、静かで心地よい生活空間を実現します。
パイプシャフト遮音壁
排水音を低減するため、住戸内の排水竪管をグラスウールと遮音シートで包み、さらにプラスターボードを二重貼りにしています。
※一部除く
遮音間仕切壁

居室、キッチンを除く水廻りの壁は、居室側のプラスターボードを床から天井スラブまで片面二重貼り。トイレと居室の壁には、さらにグラスウールを充填しています。※一部除く

ボイドスラブ

コンクリートスラブの中に、剛性が高く、遮音性能の高いサイレントボイドを採用。小梁等を少なくすることで、従来より広々とした開放感のある室内空間を実現します。※一部除く

※掲載の外観完成予想図は計画段階の図面を基に描きおこしたもので、実際とは異なります。なお、意匠の細部・設備機器・配管類・周辺建物等は一部省略又は簡略化しております。植栽は特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。※掲載のイメージ写真および概念図は、実際とは異なります。