葵を極む。

邸宅の在り方を求めた、葵区音羽町。
それは、邸宅地として奇跡のような遭遇。
歴史ある地、都心隣接のアクセス、潤いの緑の環境、
そして風格と品位を纏う設えの住空間。
すべての魅力との巡り会いに歓喜する。

本有的風情に包まれる地。

今川氏輝の遺命により建立された名刹、音羽山清水寺。
谷津山を背負った地勢が、京都の清水寺に似ている事から、
この名で呼ばれ、その山号が「音羽町」の由来。
潤いに溢れた自然と、長い歴史を感じさせるこの地は、
都心の最前席として、新たな時を紡ぎます。

静岡県立中央図書館所蔵
「駿府名勝一覧圖」

山門と徳川家康下乗の松

本堂

鐘楼

都心の最前にして、緑と潤いの最前へ

ここは「静謐」と「躍動」、「品格」と「親和」が絶妙に交差する稀少エリア。

伝承される心地よい時間を感じながら、進化をつづける都心の目映い空間に寄り添う。

あなたの生活スタイルに合わせ、暮らし方のアレンジは自在。

静岡にわずかに残された憧憬の地がアドレスになる優越を、あなたに。

どうぞ最前席で、この街の未来をご覧ください。

「この街と生きる」を宣言したデザイン

上質にして、スマート、知的で穏やかな暮らしをイメージしたデザイン。
決して威張らないそのカタチは、

伝統のまちにそれまで存在したかのように馴染む。

緑多き街並みに、さらに緑を提供して、「マストスクエア音羽町」は建ち上がる。

その中では、先進性とゆとりを空間に贅沢に映すレジデンス全42邸。

綽々とした邸宅の本流ともいうべき生活スタイルを、あなたに。

そのうち見たい・知りたい・聞きたいことを、住宅ライターが徹底取材

資料請求受付中

来場予約受付中

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描きおこしたもので、実際とは多少異なります。なお、外観の細部・設備機器・配管類・電柱・ガードレール・標識・周辺建物等は一部省略又は簡略化しております。

※徒歩分数表示については地図上で計測した数値の80mを1分として算出(端数切り上げ)したもので、信号待ち時間等は含まれておりません。